共感で女心をつかむモテる男性になる方法

モテる男性になる為には、特別な事をする必要はありません。普通に基本的な事ができれば、誰でもモテる男性に変わっていく事ができます。モテる男性というのは、女性に共感できる要素が強くて、男性であるのに「女性的」である場合が多いようです。女性に共感する事でモテ男になる方法を紹介します。

 
清潔感が最低限に大事
 
モテる男性になる為には、清潔感が何よりも最初に大事になります。清潔感がない男性は、それだけで女性から嫌われてしまいます。最初に清潔感を大事にする事を心がけて、女性の前で常に清潔感が溢れる男性でいるようにしましょう。
 
具体的には、常に髪の毛を清潔に整えていたり、髭をそったりなどの身だしなみという点を気を付けておくのが大事です。また、服装は安くても良いので新しい服装を身に付けているのが良いでしょう。年齢が高くなればなるほど、男性の清潔感が重要になってきます。
 
健康的な体型を身に付ける
 
モテる男の基本としては、体型が引き締まっている事があげられます。女性が子孫を残そうと思った時には、体型が良い男性を選びたくなるのは当然です。スポーツ選手に人気が集まるのは、健康的な子供を産めると女性が判断しているからでしょう。常に自分の体型を気を付けるようにして、太り過ぎや痩せすぎに注意するようにしましょう。
 
自分が太り過ぎだと感じている人は、少し運動をするようにして体重を落とす努力が必要です。また、自分が痩せすぎだと感じている人は、ジムなどに通うようにして、筋肉量を増やしていくのが良いでしょう。目指すべきは、標準体型よりも少しマッチョの感じが良いでしょう。
 
食事の仕方を綺麗にする
 
女性の多くがデートで一緒に食事をする時に相手の食事を細かく観察していたりします。多くの女性が「食事の仕方には育ちが出る」と考えていて、綺麗に食事ができないと、男性として見る事ができないという女性も多いのです。
 
食事の時には、女性から見られているものとして、綺麗に食事をするようにしましょう。あまり音を立て過ぎたり、相手から汚いと思われる食べ方、残し方をしないようにする事が大切になるでしょう。食事の作法が良く分からないという人は、食事のマナー本などで研究しておくのも良いでしょう。
 
女性に共感すること
 
男性というのは、友達同士で相手を否定したり、議論したりする事が好きです。しかしながら、女性と言うものは、何より「明るい話題で共感しあう事」が楽しい時間を過ごす事にも繋がります。
 
女性の言っている平凡な話題に対しても、大きなリアクションで共感してあげると、女性を喜ばせる事ができます。女性の多くが話す事でストレスを解消しようとするので、笑いながら楽しいリアクションで沢山の話をして貰うと、女性から好感を持たれる事が多いです。
 
隠れた努力をほめてあげる
 
女性の多くは、男性よりも精神年齢が5歳ほども年上と言われており、頑張る女性が多いと言われています。勉強や仕事などにおいても、男性に負けじと頑張る女性も多くいます。女性の努力を称賛できる男性になれば、モテる男に近づける事は間違いありません。
 
相手の女性をほめる時には、わざとらしくならないようにほめてあげるのが良いでしょう。例えば、いつも清潔感がある服装を身に付けている女性がいたとすれば、その服装をほめるよりは、「少しお嬢様ぽく見える」などと、性格を含めて曖昧にほめてあげるとわざとらしさがなくなります。
 
女性の好意は蓄積する
 
女性にとってみると、知らない男性なんて興味の関心になる事は多くありません。男は外見を重視する人が多いですが、女性は中身を重視する人が圧倒的に多いのです。確かに女性から見ても健康的に見える男性である方が良いのですが、それ以上に精神的な相性を重視する女性が多いのです。
 
女性に軽く挨拶をしたり、自然に会話をしながら、相手の事を理解する事が大事になってきます。相手の事を理解してくれば、自然に共通点も見つかってくるので、自然に相手に共感したりする事ができるようになってくるでしょう。お互いに会話を楽しめれば、その女性と付き合える可能性も高まります。
 
おわりに
 
世の中の多くの男性は、女性から恋愛対象として見られていません。その理由の多くは、女性から見ると「基本的である」と思う事ができていない男性が多すぎるという事にあります。男性の立場から見ると、同年代の8割の女性が恋愛対象になるのに対して、女性から恋愛対象になる男性は1割に満たないとさえ言われています。
 
女性から恋愛対象になる為に基本的な清潔感を持ったり、体型に気を使ったり、食事の仕方に気を使ったりできるようになる事が大事です。それから女性にモテるテクニックなどを実践していけば、どんどん人気の男性になれる事は間違いないでしょう。
 
評価: 
No votes yet
カテゴリー: