嫉妬の感情を抑える方法

人間には、誰でも嫉妬心を抱くものです。小さい子供の頃であれば、母親が自分の兄弟を世話しているだけで嫉妬心を抱くかもしれません。また、恋愛をすれば、恋人に嫉妬するのは良くある事です。また、女性同士で嫉妬するという事もあるでしょう。

嫉妬心というのは、自分の目の前にいる人に対して、自分が「負けているのでは?」と感じてしまう感情です。嫉妬するという感情は、人間の競争意識としてあっても良いものですが、大人であれば上手にコントロールすべきでしょう。

 
嫉妬心をコントロールする為に
 
大人になると多くの人は嫉妬心という感情を自分でコントロールできるようになりますが、時として感情コントロールが難しくなる事があります。嫉妬心もあまりに行き過ぎると問題になってしまいます。
 
嫉妬心がコントロールできなくなってしまうと、自分自身に自信を失ったり、相手に対して攻撃になったり、言葉が暴力的になって人間関係が壊れたりする事が良くあります。嫉妬心のコントロールは非常に重要です。
 
他人と比較しない
 
他人と自分を比較して、優劣を付けようとする事は、人間関係を良くないものにしてしまいます。周囲の人と何かと比較して優劣を付けようとする人は、自分にとってもマイナスですし、比較される側の人間にも迷惑です。
 
他の人と自分を比較するのが好きな人は、自分が優位だと相手に理解させようとして攻撃的な話し方になります。そうすると、「売り言葉に買い言葉」のような事になり、ケンカのようにもなりかねません。
 
劣等感を抱かない
 
相手に対して自分が劣っているという劣等感を抱いてしまうと、それが気がつかないうちに嫉妬心となってしまって、相手に対して攻撃的になる可能性があります。劣等感を抱かない為には、同じ目線で比べない事が何より大切です。
 
相手の事を褒める
 
自分が劣等感を抱かない為には、相手を褒める事も重要です。相手を褒める事によって、相手に劣等感を抱かせないようにして人間関係をスムーズにする事が大切です。そうすれば、相手も自分の良い所を見つけて、褒めてくれるでしょう。
 
例えば、相手が自分よりも可愛いと思うのであれば、素直に「かわいいね」と言えば良いのです。そうすれば、相手は自分の「勉強ができる」という所を褒めてくれるかもしれません。人間は、それぞれ違う特徴を持っている事を理解しましょう。
 
自分に自信を持つ
 
自分に自信を持つ事ができれば、誰に対しても嫉妬心を抱かなくても良くなります。自分に自信が付いて、心の余裕を持つ事が大事になります。自分に自信を持つ為にも、人と比較せずに自分が成長する事を喜ぶ事が大切です。
 
おわりに
 
嫉妬心が大きいと、自分にとっても、周囲の人にとっても良い事ではありません。自分に自信を持てるようにするには、自分の得意な分野を伸ばして、特定の分野で周囲から認められるようになる事が大切です。
 

評価: 

Average: 3.7 (3 votes)

タグ: 

カテゴリー: 

お勧め情報: 

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.