ピエール=ジャン=フランソワ・テュルパン

id: 

2560938

wiki api body: 

ピエール=ジャン=フランソワ・テュルパン

ピエール=ジャン=フランソワ・テュルパン(Pierre Jean François Turpin、1775年 ‐ 1840年)は、フランスの植物学者、植物画家である。ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテと並んで、19世紀のフランスの最も傑出した植物画家である。
1794年にフランス軍人としてハイチに駐留している時に、植物学者のピエール・アントワーヌ・ポワトーと知り合った。ポワトーから植物学を学び、野外で植物の写生を行った。これらの資料はフランスに戻った後のポワトーとテュルパンの研究に役立ち、ハイチの800の種類の植物の記載を行った。
テュルパンの他、多くの博物学者の著作の図版も制作した。テュルパンが図版を作成した博物書には以下のようなものがある。
 ドゥレセール(Jules Paul Benjamin Delessert)のIcones selectae plantarum
 デュアメル・デュ・モンソー(Henri Louis Duhamel du Monceau)のTraité des arbres fruitiersのポワトーによる改訂版
 フンボルトとエメ・ボンプランのPlantes Equinoxales (1808)
 ポワレ(Jean Louis Marie Poiret)の Leçons de flore: Cours complet de botanique (1819‐1820)
 ショームトン(François‐Pierre Chaumeton)の『薬用植物図譜』Flore médicale 
テュルパンの植物画
参考資料
 Biography of Pierre Turpin

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.