空港のラウンジを利用する方法

世界中に気軽に行けるようになった半面で、乗り換えなどが多くて航空機の長旅に疲れる旅行になる事が多くなりました。航空機での移動の苦痛を和らげてくれるのが空港のラウンジサービスです。


*写真は、香港国際空港のトラベラーズラウンジ

最も安く空港ラウンジを利用できる方法は、楽天プレミアムカード(年会費10500円)に加入して付帯サービスで付いてくるプライオリティパスを利用するのが最強です。

単体のプライオリティパスならば4万円するサービスが楽天プレミアムカード年会費の10500円という激安で提供されます。プライオリティパスでは、利用している航空券会社やチケット種類関係なくラウンジ利用が可能です。


空港ラウンジの利用条件

空港でラウンジを利用する方法は、各空港のラウンジによって異なりますが、一般的には以下のような利用条件となっています。

・ビジネスクラス、ファーストクラスのチェックインで「ラウンジ利用券」を受けとる
・マイレージの上級会員資格で航空会社のラウンジを利用する
・プライオリティ・パスを利用する
・クレジットカードでラウンジ利用が付いている
・その都度で利用料を支払ってラウンジを利用する


空港ラウンジの利用方法

空港ラウンジの利用方法はいたって簡単で、出発する時には「搭乗券」を持って、到着した時には「半券」を持って、ラウンジの受付でクレジットカードなどと共に提示します。カードリーダーなどでカード明細がプリントされたら、それを受け取って入室します。

・出発する時は搭乗券を提示
・到着した時は半券を提示
・プライオリティパス or クレジットカードを提示


空港ラウンジの設備

・バーカウンター(基本無料+一部有料など)
・休憩するソファー
・フリードリンク
・食事(食事の時間帯に準備される)
・手荷物の預かりと保管
・シャワールーム


同伴者の空港ラウンジ利用

ほとんどの空港のラウンジでは、会員本人のみが「無料」になっており、同伴者は「有料(3150円)」となっています。同伴者が居た場合には、一般よりも優遇された料金(1000円から5000円)を支払う事によって、空港ラウンジを利用する事が出来ます。入室の際に入場者数が書かれた伝票が渡されて、伝票に「2」と書かれていれば1人分はカード保持者が登録しているクレジットカード(楽天プレミアムカードなど付帯のプライオリティパス保持の場合は楽天カード宛など)に請求がいきます。

・同伴者は誰でもOK
・同伴者も搭乗券 or 半券が必要
・入場の際に伝票に入場者数が「2」と記載される
・プライオリティ・パス利用の場合は、登録クレジットカードに後日請求される

 
おわりに
 
空港ラウンジサービスを利用する事が出来れば、食事をしたり、飲み物を飲んだりする事ができるので、空港で快適に過ごすだけではなくて、空港で余計な出費をしなくて良くなるというメリットがあります。

空港ラウンジを利用するにはクレジットカードの年会費などお金がかかる場合もありますが、空港での待ち時間に喫茶店に入店したり、レストランで食事したりすると、もっと大きな費用がかかってしまう事もあります。空港ラウンジを上手に利用する方法を知っておけば、快適に過ごせると同時に無駄な費用を節約する事も出来るようになるので一石二鳥です。
 

評価: 

No votes yet

カテゴリー: 

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.