後退した歯肉(歯肉退縮)を回復させる方法

歯肉が後退してしまう原因は様々ですが、強いブラッシングだけで歯肉後退が起こる訳ではありません。歯肉後退の多くは、歯並びや噛み合わせに問題があったり、歯周病にかかって歯肉が後退する事が多いです。特に女性は男性に比べて骨が弱く歯肉後退が起きやすいとされています。また、年齢が進むと骨が弱くなっていくので、歯肉の後退が起き易くなります。

一度後退してしまった歯肉は、現在の歯科技術で元の状態の歯肉に戻すのは非常に難しいとされています。しかし、口の中を綺麗に保ったり、外科手術などの方法で軽度の歯肉後退であれば、回復は可能になってきています。



原因は歯肉下の骨が溶ける

後退した歯肉を元に戻すのが難しい原因は、歯肉の中にある柔らかい骨が解けてなくなってしまうからです。この柔らかい骨に回復力が備わっていますが、周辺の歯肉が無くなってしまったり、逆に歯肉が骨の成長を遮るなどして歯肉後退したままになってしまいます。歯肉下の骨が溶けた状態になると、食べ物を良く噛めなくなったり、歯がぐらついたりします。

日頃の歯磨きケア

歯肉を回復させる上で最も重要になるのは、日頃の歯磨きケアになります。歯肉後退が0.1ミリ以内の比較的軽度な歯肉後退であれば、日頃の歯磨きケアだけで歯肉回復が可能です。しかし、いかに軽度の歯肉後退であったとしても、歯肉回復には歯を清潔に保った状態で1-5年ほどかかる場合が多いです。日頃か歯磨きをしっかりする事で、歯肉が厚みを持ち始めて後退した部分を覆う事が期待出来ます。

歯科で定期クリーニング

歯肉を回復させる為に絶対に必要になるのは、歯科の定期クリーニングです。自分のブラッシングだけでは落とせない汚れなどを歯科の定期クリーニングによって落として貰います。歯肉の後退は、歯の内部で起こっているので、ブラッシングで落ちない汚れを定期クリーニングで取り除く事はとても重要になります。歯科クリーニングは、1回5000円以内の歯科医院が多いです。3ヶ月に1度は、歯科定期クリーニングに行く事で、歯と歯茎を清潔な状態に保つ事が重要です。

矯正治療を検討する

部分的な歯肉後退の原因の多くは、歯並びの悪さにあると言われています。歯並びが悪い事によって、噛みあわせが悪くなって、歯肉の内部にある骨が破壊されて歯肉後退が起こります。矯正治療は、高額で長期間のイメージがありますが、治療法によって期間も費用も様々です。例えば、前歯だけのような部分矯正治療などであれば、大人でも1年ほどで費用も抑えられます。

外科手術で対応

歯肉の後退が一部にとどまっていたり、歯肉の一部が欠損している程度であれば、外科手術で対応する事も可能になっています。特に最近では、エムドゲインという薬を歯肉に注入したり、歯肉に骨再生を助けるカバーをするGTR法などの方法が開発されて、以前よりも歯肉回復で選択出来る外科手術の幅が広がってきています。

エムドゲイン、GTR法

歯肉の後退が中程度までであれば、エムドゲイン、GTR法などを使う事によって、歯肉の下にある骨を再生させて、歯肉を引き上げる事が出来ます。この手法では、骨自体を再生させるので、
その後に再生した歯肉が戻るような事はありません。ただし、歯肉を完全に再生させる事は困難であるとされており、症例によって回復程度が異なります。また、重度の歯肉炎には適用出来ません。

また、高度医療で限られた大学病院などで保険の適用になる場合もありますが、個人病院などは100%自己負担となります。個人の歯科医院であっても、エムドゲインやGTR法を行える技術さえあれば、歯1本につき10万円程度で治療して貰えます。どれほど回復が見込めるかについても、各歯科医の技量による所も大きいので、慣れている歯科医を選ぶ必要もあります。

歯肉の移植

従来から行われている手法で、自分の別の場所から持ってきた骨であったり、歯肉を移植する事によって繋ぎ合わせるという手法です。従来から行われている手法ではありますが、歯肉を移植しただけでは、骨を回復させる訳ではないので定着しないなどの問題点が指摘されています。

歯周病の専門ケア商品を購入する

歯周病の専門ケア商品を使えば、歯周病に絶大な効果を発揮します。通常の歯磨き粉には、歯肉を守る働きは全くないので、専門の歯肉を守る歯磨き粉リペリオ(お口の専門店)を使うべきでしょう。また、歯周病の原因となる最近を殺すうがい薬のジェルコートFを併用するとさらに効果が期待できます。私自身が歯周病予防にこの2つを併用して毎日使っています。

歯周病を何とか予防したい、改善したいと思えば、単に歯磨きするだけでは不十分です。特に女性の方は、男性よりも骨や抵抗力が弱く歯周病で歯を失う人が多いと言われていますので、歯周病対策を十分にしていく必要があります。健康的な歯は、美容にとっても大変重要です。

おわりに

歯茎は年齢とともに下がっていってしまうものですが、歯茎が下がった状態で放置しておくと、いずれ歯を失うことになってしまいます。歯を1本でも失ってしまうと、口の中のバランスが崩れて大変な苦労をする事になってしまいます。歯を1本でも失う大きなリスクを考えると、歯周病治療、歯茎の治療は徹底して行っておくべきでしょう。



評価: 

Average: 3 (7 votes)

カテゴリー: 

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.