好きでなくなった彼氏と上手に別れる方法

恋愛でお互いが好きになったとしても、何かのきっかけなどで冷めてしまって、別れたいと思うことがあるでしょう。男性の方が女性よりも「諦めが悪い」と言われています。女性の側が男性に「別れて欲しい」と別れを切り出しても、別れる事を承諾してくれなかったり、上手に別れられずにストーカーされたりするという場合もあります。このページでは、好きでなくなった彼と上手に別れる方法を紹介します。



少しずつ連絡回数を減らす

女性が「別れたい」という意思を男性側に突然伝えると、そのショックや反動からストーカー行為が始まる可能性があります。そこで、最も一般的な方法として「少しずつ連絡を減らす」という方法が有効であるとされています。恋人だった相手に連絡回数を少しずつ減らしていくことによって、相手にも「それとなく分かる」ようにして、自然解消を狙うのが良い別れ方です。また、相手に嫌いになって貰えるとなお良いでしょう。

別れる理由を相手に告げる

彼氏と別れるには、相手を納得させる理由が必要になります。別れる理由として、「一緒の時間が取れなかった」「性格が合わない場所がある」「大事にしてくれない」などという理由は、それが本当の理由であっても、相手に改善の余地があると思われてしまいます。本気で別れようと思ったのであれば、「他に好きな人が出来た」「結婚相手を探しているけど、あなたじゃない」と言うなど、なるべく決定的な理由を探しましょう。

悪者になるのは仕方ない

別れる時に傷つけたくないと思って、相手に曖昧な事を言うと、ずっと別れてくれない可能性もあります。別れると決めたのであれば、しっかりと別れる事を告げる事が大切です。相手を傷つけて自分が悪者になりたくないという思いはありますが、恋愛が終わる時に相手を傷つける事は仕方ありません。悪者になっても絶対に別れるという決意を持って挑む事が必要です。

別れを曖昧にして距離をとる

あまりお勧め出来る方法ではありませんが、彼が暴力的であって別れると言えば怒る場合などに良い方法です。別れると言わずに少しずつ距離をとっていって、その期間にお互いに感情が冷めるようにしてしまうという事です。お互いに別れたか別れないかを曖昧にして、彼氏の浮気を誘う、自分が他の人を好きになる機会を作るという形で別れに持ち込む方法です。お互いが「潮時」と思えれば完璧です。

徹底的に接触を断つ

これもあまりお勧め出来る方法ではありませんが、彼に「別れる」という事を言った後に何度も連絡が来た場合には、強硬な手段しか残されていない場合があります。電話の拒否、メールの拒否、着信拒否など、あらゆる連絡手段を絶つことが可能であれば、徹底的に連絡を絶つという方法です。相手と遠距離になるなど、会えない距離があれば使いやすい方法です。

おわりに

上手な別れ方をしなければ、相手に逆恨みされてしまったり、下手をするとストーカーまでされてしまう可能性もあります。付き合い始める時には、燃えるので時間を惜しみなく投じますが、別れる時にも礼儀だと思ってしっかりと時間を使った別れ方をするようにしましょう。

評価: 
Average: 3.7 (23 votes)
カテゴリー: 
お勧め情報: