ストレスで死にたくなった時に自殺を回避する方法

人間は誰しもがストレスを抱えるもので、ストレスが極限に達すると「死にたい」と思うようになる事でしょう。日本の年間自殺者は3万人を超える水準で推移していて、10万人あたり25人ほどが自殺しているとされています。



会社の悩みで自殺するしかないと思った時

会社の関係で大きな失敗をしてしまったり、会社の中で人間関係が上手にいかない場合には、1週間以内に辞表を提出して会社を辞めちゃう事をお勧めします。自殺して死ねば人生が終わりですが、会社を辞めても死ぬことはありません。つまり、自殺して死ぬか、会社を辞めるかのどちらの選択が正しいかは目に見えています。もう辛すぎてやってられないと思った時点で、会社は辞めましょう。会社を辞めると、普通は少々の退職金が出ますので、そのお金を使って旅行にでも行くことをお勧めします。

お金が無くて自殺しようと思った時

日本の自殺者の大半は、お金に困った高齢者だという事です。このまま生きていたとしても、年をとって1人身で特に楽しみもないから自殺しようという人が居ます。しかし、日本は自殺しなくても済む「生活保護」というものが用意されています。資産も何も無くて1人身で完全にお金に困っていたら、生活保護を申請すれば、確実に10万ほどは手に入れる事が出来ます。あとは、数ヶ月ほど貯めれば旅行にだって行く事が出来るでしょう。お金がないと悩まず、先ずは市役所にでも相談してみれば、法律で助けて貰えます。

借金まみれで自殺しようと思った時

借金を数百万円、数千万円も抱えてとても返せそうにないから自殺しようという人がいます。しかし、死ぬほど借金に悩むぐらいであれば、借金は「自己破産」する事によって、法的に全て解消する事が可能になっています。借金で悩むぐらいであれば、自分の資産を全て処分する「自己破産」を行って、自分の生活をゼロからやり直してみてはいかがでしょうか。自己破産した後には、気が楽になって希望に満ちた未来があるかもしれません。

インターネットのメール・電話で無料相談してる所もありますので、専門家にメールなどで気軽に相談してみましょう。

人間関係の「いじめ」で自殺しようと思った時

残念ながら、世の中には「若くして命を絶ってしまう人」というのも存在しています。その1つが学校の「いじめ」であったり、職場の「いじめ」であったりします。いじめで自殺しようと思った場合には、登校拒否をしたり、職場から離れたりする事が重要です。自殺するぐらい深刻に悩むレベルになったら、自分が属している組織から距離を置くことが重要です。出来ることなら学校を変更したり、職場を変更するのが良いでしょう。

孤独で自殺したいと思った時

人間は誰でも最終的には1人ですが、休みの日などにあまりに孤独で、こんなに孤独なら自殺した方がマシだと思う人も居るかもしれません。そんな人は、孤独の贅沢というものを知るべきでしょう。1人だから出来る事というのは沢山あって、そういった1人の時間を楽しまないうちに死んでしまうのはあまりに惜しい話です。現在では、インターネットなどで情報集めも可能ですので、1人という最高の贅沢を楽しめる方法を見つければ、死のうなどと考える事はなくなるでしょう。

自殺予防総合対策センターを利用する

自分1人で悩んでみても解決しない問題は、人と相談する事によって解決する場合があるかもしれません。自殺を予防する場所として、行政側が用意している窓口が「自殺予防総合対策センター」です。自殺について、親身になって話を聞いて貰えますので、自宅の近くにある自殺予防総合対策センターに連絡してみると良いでしょう。

自殺予防総合対策センター
http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/ikirusasaeru/index.html

おわりに

自殺する人の多くは、悩んだ末に「死のう」と決める訳ですが、実際には死ななくても解決出来るケースは多いものです。本人は悩みぬいたつもりでも、他の解決策が実は存在していたなどという場合は多いです。死ななくても解決出来た問題を自殺してしまっては、取り返しがつきません。自殺予防の支援団体などが全国に数多くありますので、自殺したいと思ったならば、先に自分の現状を自殺予防の団体などに相談してみてください。



【送料無料】自殺のコスト

【送料無料】自殺のコスト
価格:1,260円(税込、送料別)


評価: 
Average: 3.5 (13 votes)
カテゴリー: